2006/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2005年04月22日

アトランタオリンピック

今日体育館に行ったときごそごそ探し物をしていたらアトランタオリンピックのビデオが出てきた。早速家に帰って見てみることに。あったのは個人総合と種目別。アトランタっていうと1996年だから今から9年前、僕は中学2年か。


知っている選手はみんな若い。ネモフ選手やウルジカ選手、ケキ選手、女子ではホルキナ選手。ウルジカさんは若くてもひげはやしてます。

日本人は畠田選手と田中選手と塚原選手が個人総合に出場してました。塚原選手若い、しかもトカチェフやってる。


なんといってもシェルボ選手や李小双選手、ネモフ選手が強い。ほんとに強い。ネモフさんはいまでも現役だけどシェルボ選手や李小双選手は演技を見たことがなかったので感動!やっぱすごいわ〜。

でもルールがかなり違うのでちょっとわからんね。同じ技2回できるし、今ではやっちゃいかんこともやってくるし。


またそのうち詳しく感想を書くかも。
でも個人総合はビデオにノイズがすごい入って見にくい。トラッキングをいじってみたけどほとんど変わらんし。種目別は状態がいいんだけどな。

あと女子なら鯖江・ローザンヌ・ドルトムントの世界選手権があった。暇があったら見てみよう。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年04月11日

世代別アンケート2

男子体操☆応援ブログ」さんに世代別アンケート 番外編2がアップされています。前回、何気なく意見してしまったわけですが、なんと作ってくれました。管理人のヨーコさん、ありがとうございます!


早速見ています。今回アップされた世代別ファングラフと対比させてアンケート結果を見るとおもしろいですね。

女性割合がものすごく高いのでそちらを見ればだいたいの全体の雰囲気をつかめるのですが、冨田選手はほんとに平均的です。あまりグラフの形が変わりません。さすがエース、全体から支持されているという感じですね。それに対して中野選手なんか極端さがさらに際立ちます。


これからが体操シーズン。少しルールが変わって大変でしょうが、アテネ代表6人もそのほかの選手もがんばってほしいですね。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年04月07日

MY OLYMPIC

はじめて聞いてしまいました。JOC企画スポーツラジオ番組「MY OLYMPIC」(遅いよ)
各体操系ブログさんのレポートで内容は読んでいましたが、やっぱり聞くと違うね。

水鳥さんしゃべってたよ。相変わらずいい人オーラ全開でした。 


それにしても米田さん
「(アテネメンバーの中で)才能がないのはお前だけだ」
なんてきびしいなぁ。

はっぱかけてんだろうけど。まぁ水鳥さんは努力の人ですから〜。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年03月27日

審判講習会

今日は朝から夕方まで審判講習会だった。

審判講習会というのは、体操の情報収集のための研修みたいなもの。また体操の2種・3種免許の認定講習会も兼ねていて、審判免許が欲しい人は受けに行く。まぁうちの部活は基本毎年行くんだけど(うちの大学でやるから)、僕は去年行かなかった。


ついでなので審判の種類についても簡単に書こうかな。僕の理解している範囲なんでもしかしたら間違ってるかもしれない。そんときはごめんなさい。

体操の審判免許には1種・2種・3種がある。それぞれで審判することが出来る大会が決まっていて1種は国内大会すべて、2種はブロック大会クラス、3種は地方大会クラスって感じだったかな。それ以外にA審判とか国際審判とかの資格があるけど、まぁそんなのは簡単には取れないしここでは考えないでくださいな。


僕は今まで3種でのほほんしていたが、今回は2種にレベルアップ。まぁ2種でものほほんやるつもりだけど、もうすこし勉強しよ。わかりにくいあん馬と興味のない鉄棒をちゃんとわかるようにならなくちゃなぁ。



さて講習会の内容は、
午前中は2006年の新ルールの方向性の話や審判として注意しておくことみたいな話。午後は各種目のルールの紛らわしいとこの説明や、高校・中学ルールの説明。最後に試験的なものをやって終わり。


そうだ!
それと今日見たジュニア規定のDVDにアテネ代表の6人が模範演技で出ていた。

ゆか…中野選手
あん馬…鹿島選手
跳馬…水鳥選手
鉄棒…米田選手

つり輪と平行棒は見られなかったからわかんない。
たぶんつり輪が冨田選手、平行棒が塚原選手かなぁと思う。豪華なメンバーだね。

ちなみにこのDVD、協会HPで購入できます。
男子ジュニア模範演技映像ソフトDVDってやつかな。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年02月27日

なんじゃこりゃー

日本体操協会に新しい採点規則(まだ採用は未定)が公表されている。

【公表されている内容概要】

・A審判は2名で編成し、演技の価値を算出する。
・A得点は0点を起点とし、成功した技の最もよかった10技をもとに算出される。
・それぞれ技の価値はA〜G難度に分類され、次の難度点を持つ。
 A(0.10)、B(0.20)、C(0.30)、D(0.40)、E(0.60)、F(0.80)、G(1.00)

・A審判はこれらの10技の価値を加算し、各技の要求グループに「要求グループ点」を与え、また、特定の種目に対してのみ適用される組合せ加点を与える。
・難度表には、初心者選手から世界のトップ選手に至るまで適用できる、基本的で簡単な技から非常に難しい技を設定する。
・B審判は2名あるいは4名で行い、演技実施(技術、芸術性、姿勢、構成、美しさ)を評価する。
・B得点は10点から実施減点をして算出される。
協会HPより


これによると…

今まではA審判が価値点(10点満点)を決めてB審判が減点するというシステム『A審判−B審判=得点』だったけど、A審判が難度や組み合わせからの価値点を出してB審判は別に設けられた実施部分の点数(10点)から減点してそれを足す『A審判+B審判(×2?)=得点』になるみたい。


今まではA〜sEまでの難度だったがA〜Gまでになる。
おそらく今までの難度設定から大幅に変更になるんだと思う。変更というよりも全く新しく設定という感じなのかな。


世界記録方式ってわけじゃないみたいだけどやっぱり10点満点制廃止になってしまうんだろうか。体操といったら10点満点なのにな〜。採用されたらちょっと悲しい。
でもいろいろ問題あるからしょうがないのかな。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年02月25日

おぉ!

テレ静にちょっとした水鳥選手特集(?)みたいのやってた。10分くらいかな。

簡単に内容を。
国立スポーツ科学センターでの練習風景。
最初に水鳥選手が宙返り4つ連続でやってた。


すべての種目に新しい技を取り入れてるんだと。
紹介されてたのは

あん馬「メリーゴーランド」
技の紹介はメリーゴーランドって出てたけど正式名称は「一腕上上向き全転向」かな。

鉄棒「ホップターン」
離れ技のあとすぐやるって言っていたような気がする。

つり輪「伸身ムーンサルト」
これもしかしたら新月面かもしんない。メモ取ってたのでよく見てなかった。

どれもあいまいだ。ビデオ撮れればよかった…。


水鳥選手はインタビューで
「価値点的にはトップクラスなので個人総合ねらえるんじゃないか…」
みたいなこと言ってたよ。水鳥選手がそんな大胆なこというなんて。


水鳥選手もいっぱい映ってたけど、米田選手もけっこう映って喋ってた。水鳥選手と同じくらい映ってたんじゃないな。


記事書いてたら
男子体操☆応援blogさんに今日放送するって書いてありました。偶然見られてよかった。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2005年02月07日

世代別アンケート

男子体操☆応援blog」さんに以前行われた世代別アンケート結果(パート1パート2番外編)が発表されていますね。

実は、僕もアンケートに答えた数少ない男のひとりだったりします。


誰に入れたかな?
中野選手・水鳥選手・鹿島選手だったかな?


入れた理由は

中野選手は、同い年だし、演技スタイルが好きだから。平行棒3宙に期待!

水鳥選手は、静岡出身だし、なによりいいひとだから。

あとは誰を入れるか悩んだけど、鹿島選手にしたような気がする。たぶん。
記憶が怪しい。

そのほかの選手が嫌いってわけじゃなくて、もちろんみんな応援しているけど、特にこの3人にはがんばってほしいなあという気持ちです。


さてさて、アンケート結果は…

管理人さんが一生懸命集計してくださったのでここでは控えさせてもらって、上のリンクからいってください。選手ごとに特徴があっておもしろいです。


ひとことだけいうと、
せっかくまとめていただいたのに意見するのはなんなのですが、男女比のところをさらに年代別で分けていただけたらよかったかなと思いました。バックグラウンドがわからないからいまいちピンと来ないところもあったり…。
posted by まるケロ | Comment(2) | TrackBack(0) | 体操

2005年01月26日

スケジュール

日本体操協会に出ている大会スケジュールを見て、今年観戦に行ける大会をリストアップしてみた。

行ける大会
全中(静岡市立中央体育館)
全インカレ(小牧市総合体育館)
中日カップ(名古屋レインボーホール)

がんばれば行ける大会
NHK杯(サンドーム福井)
全日本(尼崎市記念公園総合体育館)

出るかもしれない大会
社会人(宇都宮)


こんな感じかな。
社会人ってどこでやるの?宇都宮としか書いてないけど…。
あと西インカレはどこでやるんだろう?
posted by まるケロ | Comment(4) | TrackBack(0) | 体操

2004年12月30日

情報8号

日本体操協会から情報8号が出ていた。

読むところによると、得点の配分が変わるということだった。具体的には、特別要求が減って難度が上がるらしい。

どんどん困難なルールになっていくね。しょぼい僕にはあんまり関係ないといえばないんだけど…。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2004年12月18日

静岡演技会

今日は、市立体育館に米田功選手、水鳥寿思選手や日体大の体操部の方がこられて、練習会と演技発表会が行われた。日体大からは中瀬卓哉選手、中里隆太選手など有名な選手も来ていて、あとは水鳥選手の弟2人も日体大なので参加していた。

うちらの大学は会場のセットの手伝いと、そのあとの練習会、演技会のときの会場整理みたいな仕事をもらっていた。でも普通に演技を見ることができたのでうれしかった。やったー。


米田選手とか水鳥(寿)選手は演技会前もあんまりアップしてなかったけど、演技会では普通にこなしていた。米田選手は跳馬と鉄棒、水鳥(寿)選手はつり輪と鉄棒の演技した。


特に鉄棒はほんとに近くで見ることが出来たので、迫力満点だった!水鳥(寿)選手のダイナミックな演技や、米田選手のきれいな演技がみられたのはすごいうれしかったんだけど、個人的には中里選手のコバチ、コールマンの高さは感動した。たっかいの!
演技する前に自分のアピールポイントを説明してたんだけど、まさにその通りだった。すごい!



最後に閉会式が終わったあと、集合写真の記念撮影があったんだけどたまたま一緒に入ることが出来てラッキーだった。すぐそこに米田選手と水鳥(寿)選手が!!!ってかんじ。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2004年12月06日

中日カップ

協会HPで中日カップの結果を見てびっくり!
中日カップって全然人でてないんだね。もっと出てるのかと思った。でも、アテネオリンピック個人総合2位のKIM Dea Eunがいるのに日本選手が個人総合・全種目別で優勝してるのはさすがだね。


見に行ったHくんいわく、この前の演技会より内容のある演技が見れた、手抜き無し!って感じだって。中野選手つり輪で3宙やったって。見たかった。


昨日深夜に東海テレビ(フジテレビ系列)で放送したらしいね。毎年放送してたのかな?
愛知(実家)にいるとき放送してるなんて知らなかった。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2004年11月21日

演技会レポート2

静岡帰国演技会レポート2を書くぞ。
つり輪の続きの跳馬から。

跳馬
冨田選手→米田選手→水鳥選手

順番に
伸身カサマツ→伸身カサマツ半ひねり→伸身カサマツ1回ひねり
ドゥリックス(伸身カサマツとび1回半ひねり)でなかった。
でもみんな高くてきれい。


平行棒
塚原選手→中野選手→米田選手→中野選手(ムーンサルト)

平行棒はみんな難度落としてたかな。棒下宙返り倒立とかベーレ、モリスエとかあんましやんなかったし。
ベーレやったのは中野選手だけ。ティッペルト腰高い。やっぱ一味違う。でも本番は停滞しちゃった。そのあと中野選手だけムーンサルトをやるために平行棒へ。でも失敗。そしたらもう1回やってくれた。池谷さんが「出来るまで何回もやらせますからね」と言ってた(笑)。そんで成功。すごい。高い。人間じゃない。


鉄棒
中野選手→米田選手→水鳥選手→冨田選手

中野選手はコバチものすごい高いね。びびる。
水鳥選手は伸身コバチ、コールマン、コバチの3つのはなれ技。水鳥選手の車輪速いし、すごいダイナミックだね。ツォリミン初めて生で見たかも。あと着地ビシッと決めた。かっこいい。
冨田選手はたぶんアテネと同じだと思う。コールマンすごいわ。足割れない。
着地はねばったけど大きく(たしか)1歩出ちゃった。残念。



演技会が終わった後しばらくして選手が会場に戻ってきてサインとかしてた。
ファンサービス大事にするね。さすが国民的ヒーロー。

帰りのバスにも人が群がっていた。うちらもちょっくら加わってしまった。米田選手が現れたとき(だと思う、見えなかった)ひときわ大きな歓声。人気あるなぁ。
バスが近くを通ったとき水鳥選手が手を振ってくれていたので思わず振ってしまった。水鳥選手いい人だー(静岡出身だし)。


とこんな感じ。すごい楽しかった。よかった。
特にじかに体操を見たことないことない人は絶対見るべき!損はしないよ。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2004年11月20日

演技会レポート1

静岡で行われた帰国演技会に行って来た。

12時半開館だったのでその時間に行ったら、すでに長蛇の列。こんなに体育館に入るの?って思った。でも体育館に入ったらそうでもなかった。自由席だったけど充分に見られるとこだったよ。


体育館に入ったら選手やジュニア選手たちが練習してた。
練習で中野選手がムーンサルトしてたよ。すごい。西インカレでは見られなかったから生で平行棒ムーンサルト初めて見た(はず)。はやめに体育館入ったけど練習でもとても楽しめた。

演技会の前には県内ジュニア選手たちのエキシビジョン。審判で知ってる選手もいるから見てて楽しかった。高校生の新体操男子団体も演技したりしていて迫力あった。


演技会参加選手
男子体操
米田功選手・冨田洋之選手・水鳥寿思選手・塚原直也選手・中野大輔選手

女子体操
石坂真奈美選手・大島杏子選手・上村美輝選手・沼田昌子選手

新体操
村田由香里選手

鹿島選手が出られないのは残念だったけど、全日本でひそかに応援していた上村選手がいたのでうれしかった。上村選手、沼田選手は地元静岡出身のため参加。解説は池谷幸雄さん。豪華だね。



演技会内容

ゆか
中野選手

ゆかは中野選手だけ。
トンフェイ見れてよかった。でも2節目なかった。最後は抱え込みドッペル。
中野選手の独特の動きがけっこうすきかな。


あん馬
米田選手→塚原選手→冨田選手

あん馬は演技がいまいちわからないので演技が抜けているかどうかわかんないね。
塚原選手は1ポメ上の技(フロップ?)がないと思った。
冨田選手は完全な構成だったはず。鹿島選手の陰に隠れちゃうけど冨田選手のあん馬もすごいきれいだよね。すげーすげー。


つり輪
塚原選手→冨田選手→水鳥選手

塚原選手と水鳥選手は力技の難度落としてる。けどやっぱきれい。
冨田選手はたぶん完全な構成だと思う。特にアザリアンすごい。中水平もすんごいきれい!つり輪はやっぱ違う。
個人的には中野選手に3宙おりをやってほしかったな。


続きは明日で。
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操

2004年11月15日

全日本・個人総合

土曜の放送時間中は部活だったので全日本選手権はビデオを撮って見た。しかし残り時間を確認しないまま録画したら最後まで撮れなかった…。塚原選手の鉄棒の途中で切れちゃったけど、あとどれだけあったんだろう?


内容について
やはりオリンピックゴールドメダリストは強い。鹿島選手が怪我で出場していないけど上位5人はオリンピック選手だしね。冨田選手はゆかで8点台なのに優勝してるし、すごいなぁ。
放送した中で面白いと思ったのは田原選手のゆか。宙返り転が多くて着地による減点を減らしてるのかな。終末技も宙返り連続でインパクトは少し薄いけど…。あと村田選手のあん馬がセアから入るなんて珍しいと思った。あんな入り方があるんだね。練習したくなった。
個人的には鹿島選手が出場できなかったのが残念。あん馬見たかったのに。


放送について
少し気になったことにカメラアングルがいまいちに感じた。角度も悪いなと感じることもあったし、全体的にカメラの位置が低いと思う。ちょっと見にくい。


来週はオリンピック選手たちの凱旋演技会に行くので今から楽しみ。
posted by まるケロ | Comment(4) | TrackBack(0) | 体操

2004年11月03日

体操審判

高校新人戦の審判があった。
今回はゆかの線審と計時を一緒にやってくれということだった。

久しぶりの審判だったので線審しながら自分で採点して勘を取り戻そうとしようかなぁと思っていたのだけど、計時と一緒じゃちょっと余裕なかった。
うまい子はホントうまいね。自分もあれくらい動ければなぁと思ってしまうよ。

いい刺激を受けたし、明日は部活がんばろー!
posted by まるケロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 体操
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。